体験レッスンが出来る京都のバレエ教室アールバレエスクール

AR ballet school BLOG

コンクール

Share on Facebook
LINEで送る

image2.jpeg image1.jpeg image2_2.jpeg

玲那です昨日まで開催されてました京都バレエコンクールに泉咲ちゃん、悠ちゃん、心晴ちゃんの3名が参加してきました(^^)

特に小学3,4年生部門は出場者もも多い中で3人とも本当によく頑張ってくれました!!

まずは結果報告から

〜小学生1,2年生部門〜
泉咲ちゃん 奨励賞

〜小学3,4年生部門〜
心晴ちゃん 5-5位
悠ちゃん 入選

3人ともおめでとう!!!!!

このコンクールのために約1年、それぞれの思いや、夢、目標をしっかり本人たちの口から聞き、3人それぞれと私とで向き合ってきました

まだ、小さいながらに自分の身体と向き合い、私の色んな注意を理解して身体で表そうと、もがいて、時には壁にぶちあたり伸び悩む時期もありました。

ですがどんな時でも、その目は真剣で、ひたすら真っ直ぐに指導者である私を見続けてくれました。だからこそ私もこの1年、この子たちのレベルを絶対上げたいし、目標を叶えさせてあげたいと日々必死でした。

バレエが上達するときは、先生と生徒どちらか一方の想いや熱意が強いだけではダメで、自分も信頼したい!と思える相性の良い先生と出会うことができ、お互いの想いと熱意がマッチし一緒にその目標を見つめ、共に進むことができた時、その力は最大限に発揮されると私は以前から思ってます。

なので、どんな目的でバレエを習うかは人それぞれですし、みんながみんな将来を目指すわけでもないです。コンクールに出るから将来バレリーナになるから偉い!すごい!なんて私は思ってません。ただバレエが好きで続けてくれるその思いはみんな一緒だと思うので、あとはそれぞれの目標や考えにあわせて、教えていくというのがどの生徒さんに対しても私の使命だと思います。

コンクールに出るからには勿論入賞したい気持ちはわかります!私も今でもそうだから!
でもコンクールは結果が全てではない。
だってバレエはそもそも競うものではないから。

その一つの目標にむかって、頑張って頑張って少しずつでも上達して、精神的にも成長していくそのプロセスが大切です。特に小さな間は( ¨̮ )その証拠として、3人とも1年前とは別人のようです!

次回からまた頑張っていこう!!

一人一人への想いや感想はまた後日、本人たちとお母様にお伝えしようと思います(^^)

なにはともあれ、無事終わって良かったです!
2日間、始発でスタジオにむかったことも普段ならねむた〜いとおもってしまいますが、この2日は毎日目もぱっちりで嬉しかった!

この1年この日にむけて共にレッスンに励んだ時間は幸せでした。ずっとずっと私についてきて下さったご両親と3人の子どもたちには感謝の気持ちでいっぱいです

3人も、他の生徒さんも、私にとっては誇りであり、大切な大切な宝物です